MENU
カテゴリー
アーカイブ
\ Amazonのお得なセール開催中 /セール会場を見る

スマートテープライト「Tapo L930-5」徹底レビュー|グラデーションカラーに大満足

スマートテープライト「Tapo L930-5」徹底レビュー|マルチカラーに大満足
  • URLをコピーしました!

スマートホーム関連のアイテムをお探しの皆さま。

中でも、スマート照明がほしいあなた!

スマートホームアイテムを続々発売しているTP-Linkさんより、新製品が登場しました。

それがスマートテープライトTapo L930-5」です。

以前紹介した「Tapo L900-5」の上位モデルになります。

センタクメイド

スペックだけ見て勝手に「そんなに進化してないやろ〜」って思っていたのですが、これが大間違い!

スペック上の素直な進化プラス、驚きの「グラデーションカラー」の表現力の進化で、満足以上に満足です。

  • スペック
  • 価格
  • 開封・外観
  • 使い方
  • メリット・デメリット

以下、くわしく解説します。

センタクメイド

インテリア向きのライトを探している人に刺さるアイテムです。

メリット
デメリット
  • グラデーションカラーで独創的な光を楽しめる
  • 白色LEDが使える
  • テープ自体の質感が上がっている
  • アレクサと連携できる
  • 他に用意するものナシ
  • 切り離した先の部分は使用不可
  • 価格
家族におすすめ
しない
する
コスパ
暮らしを
そのまま
変える

スマートホーム関連のおすすめ記事はこちら。

本記事はTP-Linkさまより商品をご提供いただき作成しています。
HPはこちら

Contents

Tapo L930-5のスペック

スペック

スペックはこちら。

製品名Tapo L930-5(今回紹介)Tapo L900-5(下位モデル)
サイズ5000×10×3.0 mm5000×10×1.6 mm
重量195 ±10 g55 ± 10 g
消費電力13W13.5 W
Wi-Fi 周波数2.4GHz2.4GHz
メーカー保証3年3年
Amazon Alexa対応対応
Google Home対応対応
Apple HomeKit対応非対応
グラデーションカラー対応非対応
白色LED対応非対応
詳細を見る詳細を見る

Tapo L930-5」のポイントは以下になります。

  • グラデーションカラー対応で光の色の表現力が高い
  • 白色LEDが使えるので普段使い◎
  • Apple HomeKit対応

下位モデルとくらべて、順当な進化をとげています。

特に「グラデーションカラー対応」で、色味を複雑に変化できるので、楽しく遊べること間違いなしです。

センタクメイド

実際に使ってみてびっくりするくらい、光の美しさに驚かされました。

Tapo L930-5の価格

価格

2022年8月現在、Amazonにて6,400円ほどとなっています。

下位モデルの「Tapo L900-5」とくらべると、約倍程度の価格

コスパの面で言うと、少し劣るかなと感じました。

ただ、できることは「Tapo L930-5」のほうが間違いなく多いです。

それを以下くわしく解説します。

Tapo L930-5の開封・外観

それでは開封していきます。

Tapo L930-5 開封・外観
  • 各種スマートアシスタント搭載
  • 安心の3年保証

このへんが目に付きました。

開けてみると、早速テープライトがお目見え。

Tapo L930-5 開封・外観

内容は以下。

  • スマートテープライト本体
  • 電源関係のケーブル
  • 取扱説明書
  • 両面テープ
Tapo L930-5 開封・外観

取扱説明書は日本語ですが、そんなに書いてあることは多くないです。

Tapo L930-5 開封・外観

電源ケーブルは以下に2種類をつなげて使います。

白い方についているボタンで、テープライトの操作が可能です。

以下の画像の左から順につなげて使います(本体→白→黒)。

Tapo L930-5 開封・外観

テープライトと白いケーブルの接合部分はこんな感じ。

Tapo L930-5 開封・外観

それでは「Tapo L930-5」本体を見ていきます。

画像のように、リールに巻いた状態で届きます。

ここからクルクルと必要な分だけ取り出して使用する感じです。

Tapo L930-5 開封・外観

テープはこれくらいのサイズ感。

一般的なセロハンテープと同じくらいの太さ。細めなので貼る場所に困りません。

Tapo L930-5 開封・外観

LED部分をアップで。

1600万色のLED白色LEDが使用可能で、色の表現力がエグいです。

これについては、メリットのところでくわしく解説します。

Tapo L930-5 開封・外観

テープ自体はPUコーティングが施されていて、少し厚めでプニプニした感触になっています。

Tapo L930-5 開封・外観

背面には安定の3Mの両面テープ。

ペリペリとめくって貼るだけなので、設置はすごく簡単です。

Tapo L930-5 開封・外観
センタクメイド

それでは、テープライトに明かりを灯していきます。

テープと電源ケーブルを接続します。

つなぐ向きがありますので、説明通りに接続しましょう。

電源オンにすると、まず緑とオレンジのライトが点灯します。

センタクメイド

正直、この時点でライトの色味に感動しました。

Tapo L930-5 開封・外観
センタクメイド

それでは、「Tapo L930-5」のすごさ、とくとご覧あれ!!

あざやかな単色光が目を引きます。

アプリで好きな色に簡単に調整できますよ。

Tapo L930-5 開封・外観

明るさも100%から0%まで、1%きざみで調整可。

明るくしたい時にも、暗くしてムーディーな雰囲気にしたい時にも◎です。

ここからはグラデーションカラーになります。

具体的には、複数の色の光をミックスして光らせる感じ。

びっくりするくらい複雑で、独創的な色味を表現できます。

画像ではお伝えしにくいのが難点ですが、本当にきらびやかな光となっています。

とりあえず、PCモニターの裏にテープライトを設置しました。

まずは、点灯していない状態から。

Tapo L930-5 開封・外観

いろんな色の光を参考に光らせてみました。

  • デスクをおしゃれにしたい人
  • ゲーミング用途でPCを使っている人

こんな人に激しく刺さるのではないでしょうか?

別の角度からも撮ってみました。

単色でもグラデーションカラーでも、映える見た目へと進化しました。

総じて大満足。場所を選ばずおもしろい使い方のできるテープライトだと感じました。

Tapo L930-5 開封・外観

Tapo L930-5の使い方

使い方

ここでは、「Tapo L930-5」の使い方を紹介します。

設置方法

設置方法がごく簡単。

手順
  1. スマートテープライトを取り出す
  2. 裏の両目テープを使い、好きな場所に貼る

たったこれだけ。

工具を使うといった手間のかかる作業は皆無です。

お好きな場所にすごく簡単に設置できるのも、スマートテープライトの魅力だと感じました。

初期設定

初期設定はすごく簡単。TP-Linkの「Tapoアプリ」を使用します。

右上の+のマークをタップします。

Tapo L930-5 初期設定

デバイスの追加にて「Tapo L930-5」を選びます。

Tapo L930-5 初期設定

パーツを接続します。パーツの向きに注意です。

Tapo L930-5 初期設定

コンセントから電源をとって、オレンジと緑に光るまで待ちます。

Tapo L930-5 初期設定

Tapo L930-5」をWi-Fiに接続します。2.4Ghz帯のみ対応なので注意です。

後は、デバイスに名前を付け(後で変更可)、どこに設置したか(後で変更可)選びます。

お好きなアイコンを選び、ファームウェアが最新かどうかチェックします。

以上で、初期設定は終了。

アプリの指示通りに操作するだけなので、取扱説明書を見る必要もなく作業できました。

この設定のラクさは、TP-Linkさんいつものことながら素晴らしいです。

Tapo L930-5 初期設定

アプリの使い方

アプリの使い方も超簡単!直感的に操作できます。

Tapoアプリのトップ画面はこんな感じ。「スマートテープライト」をタップします。

Tapo L930-5 アプリの使い方

Tapo L930-5」の操作画面はこんな感じでシンプルです。

カラーを選択し、明るさを1~100%で調整する仕組みです。

Tapo L930-5 アプリの使い方

自動調整モード(Auto)も用意されていて、気に入りました。

いちいち明るさを自分で調整しなくていいので◎です。

Tapo L930-5 アプリの使い方

音声にあわせて光を動作させる「音声シンクロ」の機能も搭載しています。

自宅で音楽を聴いたり、ちょっとしたイベントをする際などに使える機能です。

Tapo L930-5 アプリの使い方

光のエフェクトは、デフォルトで用意されているものを利用したり、自作したりできます。

Tapo L930-5」はグラデーションカラーに対応しているので、エフェクトを使うと光の表現力を増すことができますよ。

Tapo L930-5 アプリの使い方

スケジュール機能も秀逸で、オンオフを自動化したり、エフェクトを調整したりできます。

Tapo L930-5 アプリの使い方

稼働時間や電力の使用量をチェックできるのも良いですね。

Tapo L930-5 アプリの使い方

ここが大注目のポイント

エフェクトを細かく自作できます。

具体的に、オレンジ色の部分をタップすると、各箇所の色を設定することができます。

つまり「10×5」の光の色を、1本のテープライトで同時に出すことができるのです。

Tapo L930-5 アプリの使い方

実際に、ざっくりとエフェクトを自作してみました。

Tapo L930-5 アプリの使い方

自作したエフェクトは以下のように保存でき、いつでも呼び出すことができますよ。

Tapo L930-5 アプリの使い方

実際に自作したエフェクトの光はこんな感じです。

Tapo L930-5のメリット

メリット

ここでは、「Tapo L930-5」を使ってみてわかったメリットを紹介します。

以下7点です。

  • グラデーションカラーで独創的な光を楽しめる
  • 光の表現がとんでもなく進化
  • 白色LEDが使える
  • テープ自体の質感が上がっている
  • 使い勝手◎
  • アレクサと連携できる
  • 他に用意するものナシ

グラデーションカラーで独創的な光を楽しめる

マルチカラーで独創的な光を楽しめる

グラデーションカラー…使ってみるまでみくびっていました。

どうせ色をチカチカさせるだけなんでしょ?」みたいな。

センタクメイド

そんな僕に、ばかやろーと言ってやりたいです(笑)。

グラデーションカラーと単色は、おどろくほど光の質が違います

単色はね、やっぱり普通の照明なんですよ。

グラデーションカラーは、もはやインテリア

複雑な色味が混ざりあって、お部屋を飾ってくれます。

これはね、驚きましたよ。

  • 部屋をおしゃれにしたい
  • インテリア用途として使いたい

こんな人には、間違いなくおすすめします。

逆に、複雑な色味が必要ないのでしたら、下位モデル(Tapo L900-5)がおすすめかも。

光の表現がとんでもなく進化

光の表現がとんでもなく進化

これは、前の項ともかぶるのですが、独立させて言わせてください。

光の表現についてです。

光がゆらいだり、色がぼんやり変化したり、色が混ざりあったり…この複雑な表現は下位モデルでは出せません

センタクメイド

正直言って、ここまで違うか!って思ったほど。

それとともに、下位モデルからしっかり順当に進化してきたな〜って感じました。

この進化は、実際に使ってみないとわからないと思います。

センタクメイド

この光の表現はぜひ体感してもらいたいですね。

お部屋だけでなく、お店などでも活躍してくれるアイテムです。

白色LEDが使える

白色LEDが使える

これも下位モデルから進化した点ですが、白色LEDが使えるようになりました。

簡単に言えば、シーリングライトなどの光と同じものです。

このおかげで、部屋をシャッキリ明るくしたいときに重宝します。

なんだか部屋が暗いな〜って時も、この白色LEDを使うといいですよ。

白色LEDが使えるおかげで、より普段使いしやすくなったと感じました。

センタクメイド

普段の生活では明るく白色LED、特別なときはカラーのLEDを使う・・・そんな風にメリハリ効いた使い方ができます。

テープ自体の質感が上がっている

テープ自体の質感が上がっている

下位モデルである「Tapo L900-5」と比較して、テープ自体の質感が向上

下位モデルは薄いペラっとした感じだったのですが、「Tapo L930-5」はPUコーティング加工されていて肉厚があります。

このおかげて折り目が付いたりせず、タフに使えます。

長期的な目で見て、本製品のほうが持ちは良いように感じました。

使い勝手◎

使い勝手◎

スマートテープライトって名前だけあり、設置はペタペタとテープのように貼るだけ

センタクメイド

この使い勝手の良さは、他の照明器具にはないメリットです。

貼るだけなので、設置場所を選ばないのも◎ですね。

これまでの照明器具だったら設置できなかった場所にも、テープライトならできます。

そういった意味で、様々な場所を「Tapo L930-5」で彩ってほしいと感じました。

アレクサと連携できる

アレクサと連携できる

アレクサなどのスマートアシスタントとセットで使えるのもポイントですね。

我が家では「アレクサ、スマートテープライトつけて!」で、「Tapo L930-5」をオンしています。

使い勝手の面でも◎ですし、何より声で幻想的なライトをつけるとテンション上がりますよ。

  • Amazon Echo
  • Google Home
  • Apple HomeKit

これらに対応しています。

特にApple HomeKitは、下位モデルは対応していないので、使いたい方は「Tapo L930-5」を選ぶべきですね。

他に用意するものナシ

他に用意するものナシ

ここね、ポイントです。

Tapo L930-5」は、他に何も用意しなくても、すぐに利用しはじめられます。

ハブなど、一般的にスマートホームに必要とされるモノも必要ありません。

  • 本体
  • スマホ

これらがあればOK。

これからスマートホーム化をはじめようって人にはうれしい仕様です。

別途出費も抑えられるのも◎ですね。

センタクメイド

スマートライトを試してみたいって人にもかなりおすすめします。

Tapo L930-5のデメリット

デメリット

ここでは、「Tapo L930-5」を使ってみてわかったデメリットを紹介します。

以下2点です。

  • 切り離した先の部分は使用不可
  • 価格

切り離した先の部分は使用不可

ここは下位モデルも含めてのデメリットなのですが、テープを切ってしまうと使えない部分がでてしまいます

他メーカーのテープライトも、同様の仕様になっています。

センタクメイド

貧乏性の僕としては、もったいないな~って思っちゃうんですよね(笑)。

再利用できる仕組みを用意してもらえるとうれしいです。

価格

価格はちょっとお高めになりました。

ただ、できることも多く仕方はない部分だと思いますし、その価値も十二分にあります。

それでもちょっと高いなーって人には、下位モデルをおすすめします。

本製品の半額くらいで買えますからね。

スペックと価格を天秤にかけて、良いチョイスをしていただければと思います。

Tapo L930-5はこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • インテリアとして使いたい人
  • おしゃれな照明がほしい人
  • 幻想的な光を楽しみたい人

こんな人に「Tapo L930-5」おすすめです。

総じて、びっくりするくらい独創的なグラデーションカラーを楽しめるテープライトなので、気に入ってもらえますよ。

実用的な機能だけでいいって人には、下位モデル(Tapo L900-5)をおすすめします。

テープライトTapo L930-5レビューまとめ

テープライトTapo L930-5レビューまとめ

TP-Linkのスマートテープライト「Tapo L930-5」を紹介しました。

グラデーションカラーが特徴のハイスペックなテープライトだと感じました。

  • 独創的なカラー
  • 幻想的な光の表現

このへんは、実際に使ってみてびっくり!

センタクメイド

なかなかこの色味を出せるアイテムはないんじゃないかな〜。

ぜひあなたの目で、実物の光を楽しんでいただければと思います。

メリット
デメリット
  • グラデーションカラーで独創的な光を楽しめる
  • 白色LEDが使える
  • テープ自体の質感が上がっている
  • アレクサと連携できる
  • 他に用意するものナシ
  • 切り離した先の部分は使用不可
  • 価格

グラデーションカラーが必要ない場合は、下位モデルがおすすめ。

スマートホーム関連のおすすめ記事はこちら。

スマートテープライト「Tapo L930-5」徹底レビュー|マルチカラーに大満足

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents