MENU
カテゴリー
アーカイブ
\ Amazonのお得なセール開催中 /セール会場を見る

【超簡単】楽天証券で口座開設してみた|初心者のつみたてNISAチャレンジ①

【超簡単】楽天証券で口座開設してみた|初心者のつみたてNISAチャレンジ①
  • URLをコピーしました!

NISAつみたてNISAにご興味のある皆さま。

 

その中でも「楽天証券を使ってみようかな?」とお思いの皆さま。

 

早速にはなりますが、筆者(プロフィールはこちら)先日、楽天証券で口座開設し、つみたてNISAが取引できるようになりました~。

 

今回は、その詳細なレポートを、数回に分けてご紹介していこうと思います。

 

ちなみに筆者、こういう資産運用?というもの初めてで、ゴリゴリの初心者です。

 

その初心者が、実際につみたてNISAにチャレンジしてみて思ったこと。

 

特に・・・

POINT

 やってみて簡単だったか難しかったか?

 実際にどういうことをやったのか?

 何か必要なものがあったか?

 やって良かったか?

 

そんな、初心者目線で思ったこと、したこと、悩んだことなんかを、包み隠さず記事にしていこうと思います。

 

 資産運用にハードルを感じている人

 手を付けようと思ってるけどなかなか踏ん切りがつかない人

 自分には難しいと思っている人

 

こんな人に見ていただき、そのハードルをグッと下げれるような記事になっていると思います。

 

これを見てくださった皆さまと一緒に成長していける、資産を形成していけるような、現在進行形な記事に育てていこうと考えています。

 

いかんせん、僕も初心者ですので、誤字脱字等はご容赦ください。

 

それでは今回はその基礎の基礎『楽天証券で口座開設してみた』をご覧ください。

 

 

 

Contents

なぜこのつみたてNISAチャレンジをするのか?

 

なぜこのつみたてNISAチャレンジをするのか?

 

そもそもまずは、このお話を先にしておきたいと思います。

 

なぜ?つみたてNISAを始めようと思ったか?

 

答えは簡単。遊ばせておく資産がもったいないと感じたからです。

 

社会人になってはや7年程、少しではありますが貯金もできるようになりました。

 

その貯金、銀行に預けとくだけでいいの?

 

そう思うように最近なりました(考え出すの遅めですかね?)。

 

で、目をつけたのが『つみたてNISA』でした。

 

噂では・・・

 すごく簡単に

 非課税で

 資産運用できる

 

そう聞いていたものですから、まずこれがピーンと頭に浮かびました。

 

同じような境遇の方も多いのではないでしょうか?

 

で、そこからは早かった!

色々調べた結果、「まず証券会社で口座開設する必要があるらしい」ということを知りました。

 

そうして今回、楽天証券にて口座を開設していく次第でございます。

 

 

やってみてどうだったか?

 

やってみてどうだったか?

 

では早速、楽天証券で口座開設してみてどうだったか?

 

フライングして先に感想をお伝えしておきます。

 

もうめちゃくちゃ簡単。

 

もうちょい早くからやっておけば良かったと思うほど。

 

 どっかに出向いて

 長い時間待たされて

 印鑑を打って

 本人の確認が長引いて・・・

 

こんなの一切ナシ!もう超シンプル。さすが楽天と言ったところです。

 

これからその過程をごちゃごちゃと詳しく書いていきますが「めちゃくちゃ簡単だった」ということだけ頭に入れて読み進めていただければと思います。

 

 

まずは簡単に流れ紹介|全部スマホでOK

 

まずは簡単に流れ紹介|全部スマホでOK

 

まずは、口座開設までの流れを簡単にご紹介します。

 

まぁ画像の通りなんですけどね(笑)。

 

先にひとつだけ、口座開設まで『全部スマホだけでOK』です。

 

時代ですね~。物事はシンプルに越したことはありませんから。

 

まずは、メールアドレス登録。登録したら、口座登録までの詳細が送られてきます。

 

その詳細から、本人確認個人入力を済ませます。

 

たったこれだけ。

 

時間にしたら、10分程度しかかからなかったと思います。

 

正直「拍子抜けした」というのが本音。もちろんいい意味ですよ。

 

でもでも、このラクさは、楽天の企業努力のタマモノだと感じました。特に、本人確認のところ。

 

ではどうラクだったのか?について、各項目を詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

かかった費用・手数料|全部無料でした

 

かかった費用・手数料|全部無料でした

 

と、その前に、費用・手数料関係のお話を少しだけ。

 

もう言ってしまえば、今回の口座開設に費用・手数料は一切発生しませんでした。

 

ココ気になる方多いと思ったので、先に書いておくことにしました~。

 

 

まずは専用ホームページへGO!

 

まずは専用ホームページへGO!

 

それでは、実際に楽天証券にて口座開設をしていきましょう~。

 

まずはココから、楽天証券の専用ページへ飛びましょう。

直接、ご紹介もできます(なにやら僕にもあなたにも特典アリ)。ご紹介が必要な場合は、お問い合わせください。

 

楽天会員かそうでないかで少し登録の内容が変わりますが、お好きな方をお選びください。

 

 

メールアドレス登録

 

メールアドレス登録

 

まずは、メールアドレス登録からです。

 

お好きなメールアドレスを入力後、「同意のうえ、送信する」をクリックでOK。

 

そのメールアドレスに「メール登録完了と申し込み手続きのお願い」というタイトルのメールが届きます。

 

メールアドレス登録

 

それをクリック、次のステップに行っちゃいましょう~。

 

 

本人書類の選択

 

本人書類の選択

 

メールを開くと、「本人確認書類の選択」になります。

 

 運転免許証

 個人番号カード(通知カードは不可)

 

どちらかを選んでください。僕は無難に運転免許証を選びました。

 

選びましたら「次へ」で先に進みましょう。

 

 

本人確認書類の撮影(表、厚み、裏)

 

本人確認書類の撮影(表、厚み、裏)

 

ここでは、先ほど選んだ本人確認書類をスマホのカメラで撮影していきます。

 

今回は免許証を撮影しました。

 

さまざまな角度、距離で免許証を撮影し、免許証の表裏、さらに厚さを確認します。

 

ここすごいですよね。やってるこっちはすごい簡単ですけど、この確認システムを作るのは大変だったと思います。

 

話はちょっと逸れましたが、スマホに指示される通りに撮影を行えばOK

すごく良くできています。めちゃくちゃ簡単です。

 

 

顔写真の撮影

 

顔写真の撮影

 

次に「顔写真の撮影」のステップ、いわゆる自撮りをします。ボサッとした顔でもOKでした(笑)。

 

自撮りするだけですから10秒くらいで終わります。

 

 

実物であることの判定

 

実物であることの判定

 

最後に、「実物であることの判定」です。ここもすごいです。

 

スマホを前後に動かし、ご自身の顔を立体的に認識しているのだと思います。

 

本人確認書類と先ほど撮影した自撮りが同一人物であるかの確認作業、だからこそ手が込んでいます。悪い人が悪いことできないようにするためでしょうね。

 

善良な一般人である僕は、特に問題なくパスしました。

 

ここまでで、「本人確認」のステップは完了です。どうです?簡単でしょ?

 

 

お客様情報入力

 

お客様情報入力

 

これが最後のステップ。個人情報を登録しましょう。

 

名前やら住所、電話番号などなど、そんなに変わったことは書かされません。

 

ただ、これから行う資産運用に関して、いくつか選択肢がありましたが、僕はとりあえず全部やってみるように登録しました。必要がなさそうでしたら省いても大丈夫です。

 

入力しましたか?これで最後のステップも完了、お疲れ様でした。

 

 

申し込みの完了のおしらせ(6月9日当日)

 

申し込みの完了のおしらせ(6月9日当日)

 

すべてのステップが滞りなく完了したら、「申し込みが完了しました」という確認メールが届きます。

 

あとは・・・ただ待つのみです(笑)。

 

次からは、僕が待っている様子、日にちを追ってどのような連絡が来たかについてご紹介していきます。

 

 

総合取引口座開設書類の受領のおしらせ(6月10日)

 

総合取引口座開設書類の受領のおしらせ(6月10日)

 

次の日に、タイトル通り「総合取引口座開設書類の受領しました」というメールが届きました。

 

提出した書類を受領しましたよ~とのことです。

 

 

NISA・つみたてNISA口座で取引可のおしらせ(6月11日)(まだ審査は継続)

 

NISA・つみたてNISA口座で取引可のおしらせ(6月11日)(まだ審査は継続)

 

NISA、つみたてNISA口座でお取引いただけます」というメールが登録してから2日目に届きました。

 

これで登録完了かな?と思ったのですが、どうやらまだのようです。

 

メールには「現在お客様の申込内容は税務署審査中です」とのこと。

 

どうやら、なにやら審査があるようです。もうしばらく待ちそうでした。

 

 

NISA・つみたてNISA口座の開設手続きが完了!(6月18日)

 

NISA・つみたてNISA口座の開設手続きが完了!(6月18日)

 

登録完了してから9日後・・・

 

NISA・つみたてNISA口座の開設手続きが完了しました」というメールが届きました。

 

これで税務署審査が完了したようです。

 

これで晴れて、NISA、つみたてNISAにチャレンジできる下地ができあがりました。

 

次の記事で、つみたてNISAを実際に運用していきたいと思っています。

 

 

感想いろいろ①|キャンペーンや特典は特になかった

 

感想いろいろ①|キャンペーンや特典は特になかった

 

ここからは、今回の口座開設までの手続きで、思ったことなどをつらつらと書いていきたいと思います。

 

まずは、キャンペーンについて。

 

僕は正直何も考えずにただ口座開設をしてみたので、キャンペーンなどの恩恵に預かることはありませんでした。

 

ちょっと調べてみたのですが、特に口座開設でおいしいキャンペーンはなさそうでした。

 

「いやあるぜ!」と言う方いましたら、是非ともご教授ください。

 

 

感想いろいろ②|かかった日数

 

感想いろいろ②|かかった日数

 

ぜーんぶコミコミで口座開設に10日もかかりませんでした。

 

正直ベースで話すと、もっと時間がかかると思っていました。

 

だって、いろいろ審査とかもあるでしょうし、なにより自分の中で「証券会社の口座開設」というものに高いハードルがある気がしていたのです。

 

実際に今回口座を開設してみて、そのハードルは一切なくなりました(笑)。

 

だって10日もかからないんですよ。楽天証券、仕事早すぎだろ!

 

かなり満足です。

 

 

感想いろいろ③|マイナンバーは登録した?

 

感想いろいろ③|マイナンバーは登録した?

 

株取引用の楽天証券のアプリ「iSPEED」をダウンロード、登録をした際に、マイナンバーも登録しました。

 

これもすごい簡単でした。ただ、申し訳ないのですが、マイナンバーは何に使うのか今のところ分かっておりません。

 

申し訳ないです。分かり次第追記します。

 

 

感想いろいろ④|楽天銀行には口座あるの?楽天カードは?

 

感想いろいろ④|楽天銀行には口座あるの?楽天カードは?

 

筆者、楽天銀行に口座を持っております。そのため、どうやら楽天証券と楽天銀行がリンクできるみたいです。

 

マネーブリッジ?と言うのかな?

 

また、筆者、楽天カードも持っているので、これともどうやらリンクできるものがあると言うこと。

 

簡単に言えば・・・

 楽天銀行の口座からお金を出す

 楽天カード経由でお金を出す

 

このどちらにしようか迷っています。ちょっとだけ調べてみると、各々メリットがあるようです。

 

ここらへんをどう選択したかも、次の記事でご紹介しますね。

 

 

まとめ

 

楽天証券で口座開設してみた

 

いかがだったでしょうか?

 

つみたてNISAチャレンジ第一回。まずは楽天証券で口座開設

 

めちゃくちゃ簡単なこと、わかっていただけたと思います。

 

筆者自身、これまで感じていた証券会社への「難しそう」だとかいうイメージも、大幅に変わりました。

 

是非、皆さまもチャレンジしていただければと思います。

 

本チャレンジは今後も継続します。次回は「実際につみたてNISAで投資」をしてみたいと思っております。

 

是非お楽しみにお待ちください(自分もやってみるの楽しみ)。

 

つみたてNISAの記事のつづきはコチラです。

特に本記事のつづきは②になっていますので、セットでお読みいただけると参考になると思いますよ。

 

 

 

 

【超簡単】楽天証券で口座開設してみた|初心者のつみたてNISAチャレンジ①

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

Contents