MENU
カテゴリー
アーカイブ
お得なアイテム毎日更新中Amazonのセール会場をチェックする

HUAWEI WATCH FIT 3を徹底比較!デザインとスペックの進化を検証

HUAWEI WATCH FIT 3を徹底比較!デザインとスペックの進化を検証
  • URLをコピーしました!

2024年現時点で最高のスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT 3」を手に入れました。

HUAWEI WATCH FIT 3のメリット

  • アルミニウム合金ボディに変更
  • ディスプレイがスクエア化かつ大型化
  • 回転クラウンが追加され、高級感が増している
  • 手触りがよく耐久性の高いフルオロエラストマーバンドに変更

と、見た目・デザインがお気に入りです。

それだけでなく、スペックも強化されていて、これまでのHUAWEIのスマートウォッチとも差を感じました。

なら気になりません?どう進化したか?

そこで本記事では、

  • HUAWEI WATCH FIT 3と、前モデルHUAWEI WATCH FIT 3の比較
  • HUAWEI WATCH FIT 3と、現行のHUAWEIのスマートウォッチの比較

この2つをメインに、実際に使ってみて感じた違いを紹介します。

HUAWEI WATCH FIT 3の購入のイチ参考にしてもらえたら幸いです。

HUAWEI WATCH FIT 3
総合評価
( 5 )
メリット
  • 前モデルからデザイン性の良さ・質感が大幅進化
  • 大型ディスプレイ、なのに薄い
  • つけ心地が良い
  • 測定項目、データ解析、スペックは文句なし
  • フィットネス機能が無料で使える
  • 文字盤が豊富
  • バッテリー持ちが最高
デメリット
  • 前モデルから価格はUP
家族におすすめ
しない
する
コスパ
暮らしを
そのまま
変える

本記事はHUAWEIさまより商品をご提供いただき作成しています。

Contents

HUAWEI WATCH FIT 2との比較

まずは、前モデルである「HUAWEI WATCH FIT 2」と比較します。

センタクメイド

見た目にも、スペックにも、違いが大きいので、どう進化したか?、そんな目線で見てみてください。

HUAWEI WATCH FIT 2と外観を比較

左がFIT3で右がFIT2です。FIT3は正方形に近い、スクエアなディスプレイに変更されました。実際に身につけてみて、FIT3のほうが画面は大きく見えます。視認性も上がりました。

ディスプレイの解像度が上がっているのもポイントですね。画面占有率も5%ほど向上しスタイリッシュに、スマートウォッチとして洗練されたように感じます。

製品名HUAWEI WATCH FIT 3HUAWEI WATCH FIT 2
サイズ約43.2 × 約36.3 × 約9.9 mm縦46 mm x 横33.5 mm x 厚さ10.8 mm
ディスプレイ約1.82 インチ AMOLED
480 × 408 ピクセル、PPI 347
画面占有率:77.4%
1.74インチ AMOLED
336 x 480ピクセル、 PPI 336
画面占有率:72.2%
ボタン回転クラウン
ファンクションボタン
サイドボタン
くわしく見る カスタムボタン カスタムボタン
HUAWEI WATCH FIT 3の比較
左:HUAWEI WATCH FIT 3、右:HUAWEI WATCH FIT 2

また、画像では伝わりにくいですが、FIT 3はFIT 2くらべ約1mm薄くなりました。「たった1mmかよ!」と思いがちですが、この差は実際につけてみると大きいです。だって10%薄くなったということですからね。

センタクメイド

この薄さのおかげで、デザイン的にも洗練されましたし、つけ心地も向上しています。

なんといっても言わなきゃいけないのがデザインの進化ですよね。高級感がバチバチに上がっています。やはり①アルミ素材②回転クラウンの追加、この2点が大きいです。

センタクメイド

FIT 2自体が安っぽいワケじゃないんです。プラのボディですが、ツヤ消しでスポーティーさが際立つデザインで僕は好きでした。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較
センタクメイド

でもね、こうFIT 3とFIT 2を比較すると…どう見てもFIT 3に目がいっちゃいますよね〜。だってカッコイイですもん。

ボタンの押し心地も向上、ストラップの質も向上していて、見ためも使い勝手も、FIT 3がひとつ上に感じました。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

HUAWEI WATCH FIT 2とのスペック比較

次に、スペックを比較します。

製品名HUAWEI WATCH FIT 3HUAWEI WATCH FIT 2
カラーホワイト(レザー)
グレー(ナイロン)
ホワイト、ピンク、ブラック
ミッドナイトブラック
サクラピンク
アイルブルー
ネビュラグレー(クラシックモデル)
ムーンホワイト(クラシックモデル)
サイズ約43.2 × 約36.3 × 約9.9 mm縦46 mm x 横33.5 mm x 厚さ10.8 mm
手首サイズピンク
約120~約 190 mm

グレー(ナイロン)、ホワイト
ホワイト(レザー)、ブラック
約130~約210 mm
アクティブモデル
130–210 mm

クラシックモデル
140–210 mm
重量約26 g (ベルト含まず)アクティブモデル
約26 g(ベルトを含まず)

クラシックモデル
約30 g
ディスプレイ約1.82 インチ AMOLED
480 × 408 ピクセル、PPI 347
画面占有率:77.4%
1.74インチ AMOLED
336 x 480ピクセル、 PPI 336
画面占有率:72.2%
材質アルミニウム合金アクティブモデル
フロントケース: ポリマー
リアケース: ポリマー

クラシックモデル
フロントケース: アルミニウム
リアケース: ポリマー
ストラップホワイト:レザー
グレー:ナイロン
ホワイト:フルオロエラストマー
ピンク:フルオロエラストマー
ブラック:フルオロエラストマー
アクティブモデル
ミッドナイトブラック:シリコンベルト
サクラピンク:シリコンベルト
アイルブルー:シリコンベルト

クラシックモデル
ネビュラグレー:レザーベルト
ムーンホワイト:レザーベルト
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
睡眠モニタリングHUAWEI TruSleep 4.0HUAWEI TruSleep 2.0
24時間心拍数
血中酸素モニタリング
HUAWEI TruSeen 5.5HUAWEI TruSeen 5.0
衛星測位システムGPS/GLONASS/Galileo
/BeiDou/QZSS
GPS/GLONASS/Galileo
/BeiDou/QZSS
ボタン回転クラウン
ファンクションボタン
サイドボタン
防水5ATM5ATM
バッテリー持続時間通常使用:10日間
ヘビーユース:7日間
通常使用:10日間
ヘビーユース:7日間
マイク内蔵内蔵
スピーカー内蔵内蔵
電話対応対応
音楽保存対応対応
価格23,980円(税込)20,680円(税込)
くわしく見る カスタムボタン カスタムボタン

ポイントは、

環境光センサーの追加画面の明るさが周囲の明るさに応じて自動調整される。明るい屋外で視認性が向上。暗い場所では画面の明るさを暗くしてくれ、ユーザーが手動で調整する手間も省ける。
HUAWEI TruSleep 4.0に対応睡眠モニタリングで、より正確で精度の高いデータを収集できるように進化。睡眠の分析項目も増え、より睡眠の状態を把握するのに役立つ。
HUAWEI TruSeen 5.5に対応心拍数や血中酸素などのバイタルサインの測定精度が向上。スポーツ中など、激しい動きの中でも、十分精度高くデータを収集できる。測定スピードも向上。

HUAWEI WATCH FIT 3は、より使いやすく、より精度高く、前モデルから進化した印象です。

睡眠やバイタルサインのデータ測定、フィットネスの分析など、HUAWEI WATCH FIT 3は大幅に進化しています。

センタクメイド

2024年現在、価格は3,000円ほど上がりましたが、僕は「HUAWEI WATCH FIT 3」の購入をおすすめします。

HUAWEIの最新のスマートウォッチとの比較

HUAWEI band 9
HUAWEI WATCH FIT 3
HUAWEI WATCH GT 4

ここでは、現行のHUAWEIのスマートウォッチ3種を比較します。

HUAWEIの最新のスマートウォッチと外観を比較

左から、

  • HUAWEI Band 9
  • HUAWEI WATCH FIT 3
  • HUAWEI WATCH GT 4

ディスプレイサイズはFIT3(1.82 インチ)GT4(1.43インチ)が同程度に感じました。Band9(1.47インチ)は、バンドタイプとしては大きなディスプレイですが、他の2機種とくらべると小さく感じますね。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較
左:HUAWEI Band 9、中:HUAWEI WATCH FIT 3、右:HUAWEI WATCH GT 4

ディスプレイの厚みは、やはりBand9(8.99mm)が1番薄いです。次いでFIT3(9.9mm)GT4(10.9mm)と続きます。24時間装着することを考えると、Band9の薄さは魅力です。ただ、FIT3もかなり薄く感じ、つけ心地は◎です。GT4はゴツさがあるので、つけ心地の面ではひとつ下ですね。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

あとは見ための話。どのウォッチも差別化されていて、HUAWEIの製品開発のうまさがうかがえます。

センタクメイド

個人的には、見ためで選ぶならFIT3かGT4をおすすめします。スクエアが良いならFIT3、ラウンドが良いならGT4てな感じです。

ストラップの話。どれも素材はフルオロエラストマーで、サラサラと気持ちがいいのが特徴です。ただ、太さが違うのわかりますか?Band9が1番細いです。その点でも、肌に接するストラップ部の面積が少ない分、つけ心地が良いですし、ストレスも少ないですね。ただ、どのウォッチも誤差くらいの差かとは思います。どれもつけ心地は良いです。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

バックル部にも差があります。1番高級感があるのはGT4で、金属製でツヤのあるのが特徴です。FIT3も金属製ですが、ツヤ消し素材になっています。Band9はプラですね。耐久性の面では、FIT3とGT4がひとつ上かと思います。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

FIT3とGT4を比較しました。実際につけてみると、GT4がややディスプレイは大きいかな?と感じます。ただ、FIT3はスクエア型ということもあり、ディスプレイ上の情報量は多いです。ベゼルは圧倒的にFIT3のほうが細く、シンプルに感じます。その点、GT4はベゼルのゴツさもあり、カッコイイ印象です。FIT3派とGT4派は大きく分かれそうです。

センタクメイド

僕は、普段使いするならFIT3、仕事やフォーマルな場でよく使うならGT4を選びますね。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

FIT3とBand9を比較しました。ディスプレイサイズは、全く違いますね。やはりBandとWatchはしっかり差別化されています。実際に使ってみても、ディスプレイに表示される情報量や文字の大きさはかなり異なります。その点で、どういうシチュエーションで使うか?をしっかり考えて選ぶのが良さそうです。

センタクメイド

軽さやつけ心地を求めるならBand9、スマートウォッチとして外でもつけデザインも重視するならFIT3がおすすめです。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

ディスプレイを点けて比較しました。どのウォッチフェイスも魅力的ですよね〜。HUAWEIのスマートウォッチはどれも文字盤の数が豊富なんです!めちゃめちゃ迷うはず。それぞれ、文字盤は僕が悩みに悩んで選んだものです。どれも画面はかなりキレイですね。

センタクメイド

各スマートウォッチの記事で、文字盤はくわしくレビューしているので、気になる人はそちらをチェックしてみてください。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

コントロールセンターを比較しました。ディスプレイサイズによって配置が変わっています。表示されている項目は同じですね。アイコンのサイズもほぼ同じです。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

ワークアウト関連の項目も比較しました。ここは3機種それぞれ違う見ためです。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較

活動記録は同じ円グラフ上で評価されています。円なだけあって、ここはGT4が1番大きく表示されますね。

HUAWEI WATCH FIT 3の比較
センタクメイド

どのスマートウォッチが好みですか?

HUAWEIの最新のスマートウォッチとのスペック比較

次に、スペックを比較します。

HUAWEI WATCH FIT 3HUAWEI Band 9HUAWEI WATCH GT 4
サイズ43.2 × 約36.3 × 約9.9 mm43.45 × 24.54 × 8.99 mm46 × 46 × 10,9 mm
重量約26 g
(ベルトを含まず)
約14 g
(ベルトを含まず)
約48 g
(ストラップ含まず)
ディスプレイ約1.82 インチ AMOLED
480 × 408 ピクセル、PPI 347
1.47インチAMOLED
194 × 368ピクセル、PPI 282
約1.43インチAMOLEDカラースクリーン
466 × 466ピクセル、PPI 326
センサー加速度センサー 
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
光学式心拍センサー
環境光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁気センサー
光学式心拍センサー
気圧センサー
温度センサー
24時間心拍数
血中酸素モニタリング
HUAWEI TruSeen™ 5.5
マルチチャネルモニタリング
HUAWEI TruSeen™ 5.5
マルチチャネルモニタリング
HUAWEI TruSeen™ 5.5+
マルチチャネルモニタリング
睡眠モニタリング HUAWEI TruSleep™ 4.0 HUAWEI TruSleep™ 4.0 HUAWEI TruSleep™ 3.0
睡眠呼吸モニタリング対応対応対応
バッテリー持続時間約10日間約14日間約14日間
マイク対応非対応対応
スピーカー対応非対応対応
電話対応非対応対応
音楽保存対応非対応対応
測位方式GPS/GLONASS/Galileo
/BeiDou/QZSS
非対応
(スマートフォン依存)
GPS/GLONASS/Galileo
/Beidou/QZSS
価格23,980円(税込)から8,580円(税込)33,880円(税込)から
くわしく見る カスタムボタン undefined undefined

こう見ると、スペック上も各製品、しっかりと差別化されている印象です。

ポイントは、

搭載センサーの違いGT4のみが気圧センサーと温度センサーを搭載している。皮膚温度を計測したい場合は、GT4がおすすめ。必要なければ、他でもOK。
HUAWEI TruSeenバージョンの違いGT4のみが5.5+に対応。ただ大きな差は感じなかった。
HUAWEI TruSleepバージョンの違いFIt3やBand9のほうがGT4よりも最新のTruSleepに対応している。睡眠の分析結果がまったく違う。睡眠の計測をメインに考えているなら、FIT3やBand9がおすすめ。
マイク、スピーカー、電話、音楽保存に対応しているか?Band9は非対応。FIT3、GT4が対応している。スマートウォッチで電話したり、音楽を聴いたり、より幅広く使いたい人はFIT3やGT4がおすすめ。
GPSを内蔵しているか?Band9は非対応。FIT3、GT4が対応している。スマホを持ち歩かずに、ランニングやウォーキングする人は、FIT3やGT4がおすすめ。
センタクメイド

各スマートウォッチ、見た目の差に加え、これらのスペックの差を考慮して、自分に合う1台を選ぶと◎です。

HUAWEI WATCH FIT 3 比較まとめ

HUAWEI WATCH FIT 3 比較まとめ

HUAWEIの最新スマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT 3」と他のスマートウォッチの比較をしました。

  • ディスプレイの進化
  • デザイン性の向上
  • 測定項目や分析精度の向上

このへんがポイント。特にHUAWEI WATCH FIT 3のスクエアデザインが気に入ったら、間違いなくおすすめします。

最新のスマートウォッチなので、搭載されている分析アルゴリズムが最新なのもうれしいポイントですね。

センタクメイド

ぜひ、「デザインとスペック」、この2つをしっかり見くらべて、自分にあう1台を見つけていただければと思います。

HUAWEI WATCH FIT 3のレビュー記事」はこちら。

スマートウォッチ関連のおすすめ記事

HUAWEI WATCH FIT 3を徹底比較!デザインとスペックの進化を検証

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SHARE
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
Contents